advantage

タイムリーな現地の
市場調査・競合分析など
コンサルティングからご対応

スコットキム(株式会社UZEN CEO)

G1commerce誕生の経緯

G1commerceは、大規模プロジェクトの経験が豊富な日本9名+韓国16名の25名体制で2年間かけて作り上げたECプラットフォームです。

これまでのECパッケージは企画開発がひと昔前のものが多く、時代ごとにバージョンアップはしているもののフレームワークは古いままで、お客様のニーズに段々合わなくなってきています。 オムニチャネル・多言語・複数通貨など次世代のECビジネスに対応するために、ゼロから構築されたスマートなパッケージの必要性を感じており、起業と同時にG1Commerceの開発をスタートしたのです。

そして2年の開発期間を経て、これまでのノウハウとお客様からのニーズや課題を凝縮させ、開発工程の大幅削減を実現するフレームワークでECビジネス成功のために必要な機能が揃ったプラットフォームが完成しました。

海外展開のコンサルティングにもご対応

ECパッケージのサービスと言いますと、ひとつのシステムを導入してそれで終わりという形態もありますが、お客様の事業・ビジネスを成功させるための一連のサービス(市場調査・競合調査・販売計画・事業計画・事業の収益シミュレーション・ビジネス代行)をご提供できるのがG1commerceの強みです。

G1commerceのサービス全体像

海外展開時のコンサルティングのフェーズでは、お客様へのヒアリングからお客様の強みを分析し、対象国で商品が売れるのかどうかや現地での競合他社の動向を事前に調査・分析し、売るための手段(販売パートナーを現地に置くのか、現地の小売りに売るのか、越境ECで対応するのか)を検討します。
韓国・中国・台湾・香港・マレーシア・フィリピンの海外法人・パートナー企業と連携しながら、現地の正確でタイムリーな消費者の反応をチェックできますので、机上の市場分析とは違うリアルさをもった分析が可能なのです。

具体例では、アンファーさまの韓国展開プロジェクトでは日本で発売中の商品が現地で受け入れられるかといった市場調査を含むコンサルティングからサイト構築・運用までを弊社で請け負いました。また、パルコさま、アダストリアさまなど様々な企業さまに海外進出の支援を含めたサービスをご提供しております。

Photo : UZEN本社前から東京タワーを望む

お客様のECビジネス成功のために

弊社のミッションは、自社の売り上げを伸ばすとか規模を大きくするといったものではなく、お客様のECビジネス成功のための信頼されるパートナーになることです。
お客様に私たちのサービスの価値を評価して頂き信頼を得て、お客様のECの事業展開を実現していく。そのために、我々が一番強い「越境」と「ECビジネスのノウハウ」をお客様に提供していくことが、EC業界のど真ん中で長年やってきた私たちの使命のようなものだと思っています。

G1commerceは無駄な投資を抑えて国内はもちろん海外展開も成功させるための重要なECプラットフォームとして自信を持ってお勧めできます。すでに国内ECで成功したお客様が新しい国外の市場に目を向けていく場合はもちろんですが、モノ自体が海外で売れる実力を持っているベンチャー企業さまもぜひ導入をご検討ください。

私たちは常にEC事業の次期フェーズを見据え、お客様のアイデアを実現しながら良きパートナーとしてサポートさせて頂くことをお約束いたします。

海外法人とパートナー企業の所在地

越境というコンセプトで
ゼロから作り上げた
最新のプラットフォーム

井上 学
(株式会社UZEN シニアマネージャー)

パッケージ開発当初から「越境」という
コンセプトがありました

G1comerceの開発がスタートした2012年当時、EC業界は熟成しており既存のECベンダーのパッケージ自体も洗練されているものがほとんどでした。新たに後発でその部分でパッケージを作っても既存のベンダーと戦うには弊社の強みが出せないのではないかと考え、新たに目を向けたのが「越境」というコンセプトでした。

これまでのECベンダーは国内向けのECサイト制作には強かったですが、「海外」というキーワードが出たとたんに弱腰になるという傾向がありました。なぜならノウハウがそれほど無いからです。 その点、私たちは日本以外の国籍のスタッフが多く、「越境」という部分で他社さんよりも強みがありました。主力のスタッフが経験してきた大規模向けのプラットフォーム構築技術に「越境」を加えてゼロからシステムを構築することにしたのです。

2年間の開発期間を経て2014年の春、システム面でもサポート面でも核となる部分に「越境」を据えたECサイト構築サービスが完成し、「G1commerce」としてご提供できるようになりました。

開発工程の大幅削減を実現するプラットフォーム

G1commerceには効率化された様々な機能が組み込まれています。

まず開発環境についてですが、本製品は様々な開発環境をパッケジングいたしました。具体的にはJava,アパッチ等のプログラム群が統合されているため、プロジェクトの開発環境を整えるのがとてもスピーディーになりました。間違った開発環境を作ってプロジェクトを進めてしまうといったリスクも低減できます。

ECサイトの要件定義・設計時におきましては、通常ですとパッケージを熟知した設計者が難解な文章で設計書を準備するのですが、G1commerceではユーザーインターフェイスを介して、画面上の見た目でお客様とご相談しながら要件定義・設計が可能となる「モデリングのシステム化」の機能を実装いたしました。
これにより、通常のECサイト構築のようにまずはお客様と要件定義書を作り、デザインのモックを作り画面をお出してから、やっぱりイメージと違ったということで要件定義まで遡り作業をやり直したりするといった、無駄な工程が一切無くなり工数が大幅に削減できるようになりました。

開発環境のパッケージング

設計画面・プレビュー画面

システムがある程度完成してくると、機能が設計通りに実装されているかどうかの検証プロセスが必要になってくる訳ですが、G1commerceではモデリングをシステム化しているため、一部の検証作業が自動化されました。これにより、より短時間で精度の高い検証作業が行えるようになり、検証作業の簡略化・作業者のリソース削減に結びつき、コスト削減が可能となりました。

またコスト削減という観点からは、準CMSとも呼べる機能も備えており、ECサイトを構築する上で必要なページのみをCMS化して、それ以外のページは動的に生成されるページもしくは静的なページとすることで最小限の時間とコストでECサイト立ち上げることも可能となりました。

日々刻々と変化していくプロジェクトの進行管理につきましては、オープンソースのツールを用いてお客さまと共有することでプロジェクト進行の効率化を図っております。

Photo:開発作業風景

実際にお客様に導入頂いて

G1commerceはリリースから4年がたち、導入頂いたお客様から下記のようなお声を頂いております。お客様から頂いたお声は常に社内で共有しサポートやご提案内容に反映しております。

最後に

私たちの会社は創業4年目ととても若い会社で実績の数で勝負できるわけではありませんが、スタッフ全員のこれまでのECと越境の経験を生かして実績と結果を積み重ねていきたいと思っています。
越境も国内も、まずは私たちにご相談ください。